たくさんの種類の印鑑

銀行印イメージ

みなさん、こんばんは、みなさんは、銀行印と印鑑との違いを知っているでしょうか。
多分このことについては、結構ご存じの方がおられることと思います。
しかし、今回は、それらを知らない方々のためにそれらを紹介していきたいと思います。

まず、印鑑についてです。
印鑑とは、多種多様な物があるため、これといって説明はできませんが、主に、宅配便の荷物の受け取りや、仕事での認め印などのことを言います。
これは、一般的によく使われているかと思います。
その他にも、実印だったり、角印だったりと、たくさんの種類の印鑑が存在する訳です。

【銀行印の激安通販サイト】
銀行印とは、金融機関にて口座開設の際に登録する印鑑で、財産を預かる印鑑です。

一方、銀行印とは、その一般に使われている印鑑を銀行口座を作る際に、銀行に登録した印鑑のことを主に銀行印と言います。
これは、銀行口座の契約内容の変更や、新手続きをしたりする際に用いられる物です。
需要はそこまで高くは無いのですが、新しく口座を作る予定の人にとっては、必要不可欠な物です。
また、普通の印鑑を銀行印として使うことも出来ます。
仕組みは簡単です。
まず、普通の印鑑を準備して、それを銀行に持っていてその印鑑を銀行印として銀行に登録すれば、それでその印鑑は銀行印となる訳です。

仕組みは簡単ですが、理解する、実際に使ってみると結構自分の想像と違うところがあるため、面倒な点も多々あるようですね。
しかし、こんなものは、慣れてさえしまえばどうってことは無いのでおそらく大丈夫だと思います。
どうでしょう、少しは理解できたでしょうか。

ページの先頭へ